Home »

ブックメーカーで特に人気が高いのはサッカー

サッカー

ブックメーカーでは非常にたくさんのスポーツに賭けられますが、中でも人気が高いのはサッカーです。普段からサッカーの試合を見るのが好きな人は、賭けて見ればもっと楽しくなるでしょう。

UEFAチャンピオンズリーグが熱い

サッカーの中でも、ブックメーカー利用者の間で特に人気があるのは、CL(チャンピオンズリーグ)です。欧州サッカー連盟が主催するUEFACLでは、毎年多くのブックメーカー利用者が、いろんな試合にベットしています。

毎シーズン、ヨーロッパで開催されている各国リーグで、上位の成績を収めたチームが、翌年のCLに参加できる仕組みです。そのため、非常にハイレベルな試合になります。
ブックメーカーでは、ヨーロッパ各国で開催されているリーグ戦にも賭けることができるため、自分の国のリーグ戦とUEFACLの両方に賭けている利用者も多いです。UEFACLでは自分の国のチームに賭けて応援すれば、とても盛り上がります。

アジアやアフリカの試合にも賭けられる

サッカーなら、ヨーロッパの他に南米をイメージする人も多いでしょう。南米にもブラジルやアルゼンチンなど、サッカーが強いことで有名な国がいくつかあります。ブックメーカーでは、南米で開催されるコパ・リベルタドーレスにも賭けられます。

さらに、アジアやアフリカなどの地域で開催されているリーグ戦のオッズを、設けているブックメーカーも多いです。アジアのサッカーの中では、アジアサッカー連盟が主催するAFCCLが特に盛り上がります。アフリカでもアフリカサッカー連盟が主催するCAFCLが、毎年開催されており、ブックメーカーで賭けている人が多いです。
ブックメーカーの多くはヨーロッパの企業が運営しているため、対象になる試合もヨーロッパ中心だと考えがちでしょう。しかし、サッカーに関してはアジアやアフリカなどを含め、世界中のリーグに賭けられます。

ブックメーカーで対象にしているサッカーの試合は非常に多いです。普段から海外のサッカーの試合をよく見ている人は、ブックメーカーで世界中のサッカーの試合に賭けてみると面白いでしょう。日本人の選手を応援しながら賭けると、さらに盛り上がります。

totoよりも有利!ブックメーカー初心者はJリーグから始めよう

ブックメーカーサッカー

ブックメーカーに興味を持っている人の中には、海外のスポーツにはあまり詳しくない人もいるでしょう。それなら、日本のJリーグに賭けてみてはどうでしょうか。
ブックメーカーでは、Jリーグにも対応しています。

サッカーは日本のJリーグなら馴染みが深く予想しやすい

もともと海外のスポーツに興味があり、普段からよく海外のスポーツを見ている人であれば、最初から海外のスポーツに賭けるのもいいでしょう。
しかし、海外のスポーツにあまり詳しくない人は、国内のスポーツから始めた方が無難です。国内のスポーツなら、スポーツ観戦を普段あまりしない人でも、馴染みが深く予想しやすいでしょう。

特にブックメーカー初心者にはJリーグがおすすめです。
日本のスポーツは、規模の大きな試合でないと取り扱っていませんが、Jリーグなら大抵のブックメーカーで対応しています。地元のチームや普段応援しているチームに賭けてみると、より一層楽しめるでしょう。

totoよりもブックメーカーの方がおすすめ

Jリーグの試合に賭けるならtotoの方が手軽に思えるでしょう。しかし、手軽さ以外の面も考慮するとブックメーカーに軍配が上がります。

圧倒的に還元率が高い

totoは手軽な反面で、還元率がかなり低いのが大きなデメリットです。50パーセント程度しかありません。ユーザーが賭けた金額の半分は運営者に持って行かれます。
これに対して、ブックメーカーのサッカーは、還元率は90から95パーセントくらいと、圧倒的に高い水準です。
totoと比べると、かなり有利だということが分かります。

賭け方の種類が豊富

totoでは、賭け方の種類がかなり限られています。ブックメーカーでは、1試合単位でベットできて、さらに前半と後半で別々にベットすることも可能です。キャッシュアウトなどの機能もあり、賭け方の種類が豊富な分だけ、楽しみ方やチャンスも広がるでしょう。

Jリーグはサッカーの中では比較的身近で、普段テレビなどで見る機会も多いでしょう。ブックメーカーを始めるなら、最初はJリーグがおすすめです。totoよりも有利な条件で賭けられます。

早速ブックメーカーに登録してみよう

スポーツサッカー

ブックメーカーのサッカーを始めるには、最初に登録してアカウントを作成しなければなりません。海外のサービスということで身構えてしまう人もいるかもしれませんが、意外と簡単に登録可能です。ここでは、ブックメーカーの登録方法と、登録の際に必要なものについて解説していきます。

日本語対応のブックメーカーを選ぼう

ブックメーカーを始めようとしている人の多くは、英語がある程度分からないと使うのは難しいと思っているかもしれません。しかし、ブックメーカーの中には、日本語に対応しているところも多いです。初めてブックメーカーを利用するのであれば、なるべく日本語に対応しているブックメーカーを選びましょう。
ブックメーカーにより、対応しているオッズの種類や賭け方などが異なります。掛けたいスポーツを取り扱っているブックメーカーが、日本語表示に対応していないこともあるかもしれません。しかし、最初のうちは、日本語表示のサイトでブックメーカーに慣れることが大事です。ある程度慣れてからであれば、英語表示のブックメーカーを使ってみるのもいいでしょう。

ブックメーカーへの登録方法はとても簡単

利用したいブックメーカーのサイトへアクセスし、「今すぐ登録」や「新規アカウント作成」のところをクリックします。入力フォームが表示された画面に移動するので、必要事項を埋めてから送信ボタンを押すだけで、登録が完了します。
必要事項の項目は、氏名やメールアドレス、住所、電話番号などです。登録が完了すると、試合の視聴やデータの閲覧などができるようになります。国内のネット証券やFXなどと異なり、書類の郵送などは行っていないサイトがほとんどです。そのため、登録したらすぐに利用できます。

登録の際に用意するべきもの

ブックメーカーに登録する際に、本人確認書類と入出金手段を用意しておきましょう。
本人確認書類の提出を求めるタイミングはサイトによって異なります。最初の出金時に提出を求めるサイトが比較的多いです。
入出金手段も、登録時には用意していなくても登録完了できるところが多いですが、実際に賭ける際に必ず必要になります。

本人確認書類

ほとんどのブックメーカーでは本人確認を行っています。本人確認書類の画像をスマートフォンやデジタルカメラで撮影して、アップロードするという方法で提出するのが一般的です。スキャナーで読み取った画像データに対応しているところもあります。

利用可能な本人確認書類の種類は、ブックメーカーによって異なりますが、主にパスポートと運転免許証です。顔写真付きのマイナンバーカードにも対応しているところが多いです。
ブックメーカーによっては、公共料金の領収書や住民票の写しなども、併せて必要になることがあります。社員証や健康保険証の扱いはまちまちですが、顔写真がないと、本人確認書類として使えないところが多いです。

入出金手段

ブックメーカーへの入出金には、エコペイズやエントロペイなどを利用するのが一般的です。オンラインゲームなどを利用している人は既に口座を持っているかもしれません。
口座を持っていない人は、新規で口座を開設しておきましょう。この際にも、本人確認書類が必要になります。

ブックメーカーへの登録方法はとても簡単で、ほとんど時間もかかりません。本人確認書類も手元にある運転免許証で済みます。最初はまず、日本語に対応しているブックメーカーに登録して、慣れていきましょう。
サッカーに慣れたら、他のスポーツの予想にチャレンジしてみま